平成

校舎を現在の場所に移転。進学コース設置、被服科閉科と、時代に合わせた学校の姿に。

昭和62年、念願の移転実現のために準備室を設置。平成3年、新校舎建築に着工しました。平成4年3月、待ちに待った新校舎が完成。制服も刷新し、現在のものになりました。平成5年度入学生からは進学コースを設置。その後の大学進学率は右肩上がりに上昇しています。平成8年には創立80周年記念式典を挙行。同窓会が被服の技術を活かし、創立から現在までのすべての制服のミニチュアを作りました。現在でも玄関ロビーの賞状展示棚に飾られています。平成12年、創立以来続いてきた被服科が閉科。記念として、建学の精神「勤労節倹」の石碑を建てました。平成18年、創立90周年式典でスライド「制服と映像で綴る90周年」を上映。同窓会で昔の制服を作り、在校生がモデルとなって、ファッションショーを開催しました。




















































  • 大正
  • 昭和前半期~30年代
  • 昭和40年代
  • 昭和50年代
  • 平成
  • 大正
  • 昭和前半期~30年代
  • 昭和40年代
  • 昭和50年代
  • 平成
Photo history TOPへ