生徒の声

クラブ活動や学校行事など、新発田中央高校での学校生活について在校生に聞いてみました。授業以外の時間からも多くのことを学んでいます。

Students Voice
みんなの笑顔でやりがいを実感
3学年HR委員長/進学コース 3年
藤間 賢人(本丸中学校卒業)
HR委員長として、常に自覚と責任を持つようにしています。学年行事の計画では、自分の主張だけでなく、周りの意見も取り入れて決めることが大切。その結果、みんなが笑顔で行事を楽しんでくれることが最高にうれしいです。

Students Voice
全員が楽しめる行事をしたい
3学年HR副委員長/総合コース 3年
佐藤 あんり
(新発田第一中学校卒業)
「みんなが楽しめることってなんだろう」。学校行事を計画する際に、いつも考えることです。みんなの意見をひとつにまとめるのは大変ですが、計画通りに行事を実施できたときは、何ものにも代えがたい達成感を味わえます。

Students Voice
成長は仲間と先生のおかげ
男子バドミントン部 部長
総合コース 3年
神田 光矢(新発田東中学校卒業)
入部当初は不安もありましたが、今はとても充実しています。一緒に楽しく活動できる仲間。部活の指導はもちろん、勉強や学校生活についても教えてくれる先生。みんながいたおかげで精神面・肉体面ともに成長できたと思います。

Students Voice
部活動で、生活習慣も変化
男子バスケットボール部 部長
進学コース 3年
度會 裕貴(本丸中学校卒業)
習慣のスポーツだと言われるバスケ。ひとつのプレーを取っても、個人の性格がよく表れます。そんなバスケから、生活面についても多くを学びました。部活を通じて身につけた礼儀や常識は、社会に出てからもきっと役立つはずです。

Students Voice
心身を鍛え、礼儀を身につける
柔道部 部長/総合コース 3年
丸山 将矢(新発田東中学校卒業)
柔道は心・技・体です。日々の鍛錬によって技を磨き、体を強くする。戦う相手と向き合うことで精神面を鍛える。心・技・体の3つがそろって、はじめて柔道になるのです。柔道をしていると、礼儀も自然と身につきます。

Students Voice
気持ちをひとつに創作する喜び
書道部 部長/進学コース 2年
杉原 真衣(紫雲寺中学校卒業)
書道部で得たものは、部員全員でひとつの作品をつくる達成感です。もともと書道経験者が少ないため、ほぼゼロからのスタート。思うようにいかず何度も何度も書き直しましたが、苦労した分、完成したときは大きな喜びに満たされました。

CHUO JUNIOR

学園通信中学生版(No.3)
平成30年11月29日発行版

すららログイン
中学校の先生方へ

推薦書などの各種書類のダウンロードはこちらからお願いいたします。また、疑問点・不明点などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

2月のカレンダー
  • 7日2年学年行事
  • 13日2月入試
  • 15日1年学年行事
  • 16日卒業を祝う会
  • 27日3年終業式
  • 28日~ 3月5日 1・2年学年末考査
新発田中央高校
スマートフォン・サイト

左のQRコードを読み取りご覧下さい

100周年記念コンテンツ